こちすまは滋賀県の老人ホーム・サ高住などの高齢者専用住宅を紹介する会社です。

こちすまについて

こちすまについて

こちら高齢者住まいのサポートセンター「こちすま」は、京都・滋賀に特化した有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など民間の高齢者の住まいを紹介する専門窓口です。

施設を探す方々から、このような声をよく聞きます。

「入院中の親の退院が間近。すぐに入居先を見つけないといけないけど、どこに相談したら良いかわらかない」
「同じ施設がいくつものサイトで紹介されていて、よくわらかない」
「有料老人ホームとサ高住、どちらが良いかわからない」
「どの施設のパンフレットを見ても同じようなフレーズを目にする『24時間の安心安全』、『季節を感じる食事』etc、実際の内容はどうなっているの?」

高齢者人口の増加に伴い、京都・滋賀でも高齢者住宅・老人ホームが年々増えており、この傾向はしばらく続くと見込まれます。運営事業者も福祉、介護以外の業界からの参入が相次いでおり、まさに玉石混交の状況です。今後、一般の方々にとって、施設選びが益々難しくなってくることでしょう。

こちすまは、このような状況に対し、お一人おひとりにとって最善な選択をして頂けるよう、各施設の特長を把握し、お客様のご要望、ご予算、そして希望の生活スタイルをお聞きした上で、最適な施設をご提案します。

初回の相談から入居候補先への見学同行、そして入居契約まで基本無料でサポートいたします。

「利用者の立場に立った施設選び」と「快適なサポート」をモットーとし、皆様の人生における大切な選択のお役に立ちたいと思います。

京都・滋賀の高齢者住宅・老人ホームのご相談は、「こちすま」までご連絡ください!

代表あいさつ

こちすま代表・高齢者住まいのサポートキャプテン福村拓良と申します。

私自身、介護付有料老人ホーム・グループホームで3年間施設長をしておりました。この間、約250件の入居相談、約80件の新規入居に携ってきました。
この経験の中で感じたことは「施設選びは本当に難しい」ということです。
退院が迫り時間がない中で探す方、情報や知識が充分整理されていない中で探す方、週末だけ東京から関西に戻り親の入居先を探す方など、様々なケースに立ち会ってきました。
入居先を探し相談に訪れる方のほとんどがご本人ではなく、ご家族や親戚であり、ご本人のことを思いながら、入居先を決めないといけない難しさは経験者にしかわらからないものだと思います。

また、安易に入居先を決めてしまい、結果としてミスマッチが起き、他の施設から救いを求めて転居されてくる方も少なくありませんでした。

高齢者住宅・老人ホームへの入居は人生における大きな節目となりますが、入居はゴールではなく、あくまでスタートです。人と人とが暮らす慣れない共同生活の中、入居後もいろいろなことが起きることでしょう。だからこそ、納得した状態で、またその後への覚悟を持ってスタートラインに立つことが大切になってきます。

スタートラインに不確かな状態で立つのか、納得した状態で立つのかは、大きな違いとなって現れてくることでしょう。

こちすまは、お一人おひとりの入居後の穏やかな生活を見据えて、「利用者の立場に立った施設選び」と「快適なサポート」をモットーに、ミスマッチを防ぐことはもちろん、施設選びに関わる全ての皆様が最善な状態でスタートラインに立つことのお手伝いをさせて頂きます。